友人の新築

自分は現在28歳の男性会社員をしております。
最近ですが、自分も周りの中で、新築の家を建てている友人が多々おります。自分たちの年齢であれば、結婚適齢なので、当たり前といえば当たり前かもしれません。そして一週間ほどまえに、友人が2か月前に建てた新築を見せていただきました。
自分はこれまでいろいろな友人たちの新築を見せて頂きましたが、やはり、家の臭いが本当にいい匂いがするなと正直に思いました。そこで、友人は断熱性こだわったようです。
初めて断熱性と聞いた時はあまりイメージがつきませんでしたが、友人に簡単に説明をされました。それはヒーターやクーラーなどを使用しなくても、夏場は涼しく、そして冬場は暖かいそうです。友人は何故それにこだわったのかといいますと、友人は妻がおりますが、両親とも一緒にすんでいて、二世帯住宅です。そしてお父さんが心臓が弱いらしくそれで、断熱性にこだわったそうです。
断熱材を使用していなければ、熱が遮断されていないので、外が寒いと、家のなかも寒いということになります。なので、冬場などは、部屋を暖房でガンガン暖めなければならないです。風呂場に行けば、凍えるような寒さです。俗に言う「ヒートショック」が起こり、お年を召された方は脳溢血などを引き起こし、ひどい方は亡くなられるケースもあるそうです。友人は父もそういった事態になるかもしれないとして、予防対策として、断熱材を使用したようです。