何十年経っても良い状態で建つ新しい家

大人になっても、その新しい家の出来上がったその日を思い出します。

その新しい家が建った時、大工や工務店の人達とドリンクや料理を囲んで、その新しい家でお祝いパーティーをしました。

それが何だかとても楽しくて、今でもその人達の顔を思い出します。

こんなに大きな柱を担いでは、みんなで声をかけあって柱を1本1本立てていくあの人達の姿が格好良かったです。

家って1人では建てれないもので、みんなの力が合わさって1つの新しい家になるんだよなあと思うのです。

子供ながらにそんな家を建ててくれた大工さんって、実に格好良いなと憧れました。

そんな新しい家は何十年経っても丈夫なのが驚きます。

何度も地震で揺れても、ちっともヒビすら入りません。

当時のあの大工さん達の働きを見て、納得します。

今でも柱もピンと立ち、大きな屋根を支えています。

あと100年もこのままで建っていると良いなと思う新しい家でした。

100年後にはますます風合いのある家になっていそうです。