コンサルタントの洞察力

仕事上コンサルティング会社との付き合いも多く、たくさんのコンサルタントと出会ってきた。集客が得意なコンサル・営業研修をメインにしているコンサル・経営コンサルなど、一言にコンサルタントと言っても分野はそれぞれである。ただ、たくさんのコンサルティング会社とつきあっていて気付いた点は、いわゆる先生と呼ばれるような人達は、総じて不思議さんである。つかみどころがなく、ちょっと変な人が多い。ただ、彼らのそういった雰囲気は決して天然ではない。自分を優位に立たせるためにあえて相手につかみどころを見せない、頭のキレた人達だ。彼らコンサルタントは自分の内側は器用に隠すくせに、相手のことは隅々まで見ている。洞察力が極めて鋭く、相手の良い点・悪い点を見抜くのが抜群に鋭い。恐らくその視点の客観性を損なわないためにも、彼らは必要以上にクライアントと親しくしようとはしない。ある一定以上の距離を置いてコンサルティングを行う。スポーツで監督がフィールドに上がらないのと似ている。