7年前に高気密高断熱の家を建てました。

我が家は今から約7年前に、地元の注文住宅専門会社にお願いして、新しい家を建てました。私が住んでいる地方は、日本海の北側にあるため、冬は雪なども降り、気温が低いのが特徴です。

家の引き渡しがその年の3月上旬にあったため、1月や2月は現場で作業をされていた方々も寒いのではと思いましたが、我が家で見学がてら、作業の方々に差し入れを持って行ったとき、ほとんどの方が作業中は半袖でした。

高気密高断熱の家であるがゆえに、冬は北国でも家の中はあたたかく、夏は涼しいのが特徴で、冬場の作業も必要以上に着こまなくても大丈夫ということでした。

家の引き渡しが終わり、以降7年住み続けていますが、たしかに断熱性の高さは実感しています。冬は一般的にはこの地方の家では考えられないエアコンの暖房でも十分であり、夏も比較的涼しく暮らせています。

家が建ったばかりの頃は、家族の体が家になじめず、高気密であることから家中が乾燥し、風邪をひくこともしばしありましたが、今ではみな、快適に過ごせています。