断熱性の高い住宅の購入

断熱性の高い住宅に住むと、エアコンの効き具合がよくなります。夏の冷房が涼しく、冬の暖房がよく効きます。そのため、電気代など、エアコン、ストーブの燃料代を抑えることができます。断熱性の高い家にするには、窓の数、面積を少なくすることです。
しかし、窓が少ないと部屋が暗くなってしまいます。ですので、リビングなどの大きな部屋、大きな窓には2重サッシにする等して断熱性の高い窓にします。
そして、壁と外壁の間には断熱材を入れます。これらの方法で外からの温度を部屋の中に影響されにくくします。
しかし、断熱性の高い住宅は空気がこもってしまい、部屋が曇ったりします。冬の朝に窓が結露したりしますので、カビが生えないように結露をふき取るのも必要です。部屋を閉め切るのではなく適度に換気することが必要です。
また、断熱性の高い部屋は防音性の高い部屋にもなります。近所の騒音問題も解決できるかも知れません。プライベートも確保できるので家を作る時には断熱性の高い家をお勧めします