新しい家の購入は一応でも比べてみて

完全なる注文住宅ではなくて、建て売り住宅ですとか、中古住宅といったように、既に建設済みの家を新しい家として購入する場合は、まあ仕方のないことなのかも知れませんが、わりあい多くの人が「他の家と比べてみる」ということをしない傾向がありますよね。

まあそうは言っても、建て売り住宅の場合ですと、いくつかの候補のなかからどれが自分たちの新しい家にもっともふさわしいのか、予算に見合った新しい家なのか…といった検討はおこなわれるのですが、縁あって住宅購入の話がめぐってきた場合は、「比較検討をおこなう」という頭すらない人も多いのです。

まあ確かに、縁あって話がめぐってくる場合は、あえて他と比べてみたりはしないというのもわかることでしょう。けれどもやっぱり「新しい家を買う」ということは、とても大きな買い物ですから、知り合いからの紹介でも一応は比べてみた方がいいのです。それによって、気がつくことも多いでしょうから、実は大切なことなのです。

新築にて戸建て住宅を購入して3年がたち、さまざまな部分で不満点が見えてきました。

一番気になっていたのは、夏の日差しを受けやすい立地にあるということで夏にエアコンがきき辛いほどの熱が部屋にこもってしまうことです。

日差しを受けやすい部屋は厚手のカーテンなどを付けることも行ってみましたが、大きな効果を感じることができませんでした。

そこで断熱リフォームを行う決心をしました。

実は昔からこの断熱リフォームには興味があったのですが、施工方法が複雑ではないのかということや施工価格が工学になるのではないかという理由で踏み切ることができませんでした。

しかし、実際に施工に関する方法や見積もりなどを専門業者へ依頼すると短い工期で安価に行うことができることが分かりました。

私が行ったのは天井断熱リフォームです。施工後は、驚くほどエアコンのききが良くなりました。部屋に熱がこもるようなこともほとんどなくなり、快適に夏を過ごすことができるようになりました。

ただ、新築で家を購入するときは断熱にも気をつけていれば、追加での施工をすることもなかったので、無駄な費用が発生してしまったと思います。
家を購入するときには、断熱性についてもきちんと確認すると良いと思います。

<特別サポート>工務店向け集客ノウハウ|超SEO対策|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|住宅リフォーム総合情報|家計見直しクラブ|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|アフィリエイト相互リンク|ページランク ランキング|GetMoney|お小遣いNET|内職|JALカード|FXシストレ|